忍者ブログ

OPP時々呟いてみる。

大阪のエンターテイメントユニット・OPPのメンバーによる日替わりブログ >OPP Official Site
[PR]  /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週書き漏らし&今週も大遅刻ですが…、ハロウィンってことでまたまたホラーです。

かの、ジャパニーズホラー映画代表作の原作、
鈴木光司「リング」。

私、ホラー映画は本当に苦手で、実は「リング」映画版も、数えきれないほど切れ切れには見てますが通してちゃんと見たことないんです。例のシーンも目を開けては見たことがありません。アレ、想像しただけで十分に怖いんですもん。

で、その原作であるこの小説ですが、本当に怖いです。

前回ご紹介した「鍵」とは違い、ホラーというジャンルに直球勝負で、怖がらせるための構成であり文章であることを読んでてひしひしと感じます。

ホラーって、ちゃんとした文章で書いたり話したりすると、効果が薄れる場合がある気がするんですね。
いや、そりゃあ巧者ならそんなことないのかもしれませんが、なんというか、私はホラーって、何よりも雰囲気重視だと思うのです。

その点、この「リング」はとにかく文章一つから構成から、登場人物、小道具や舞台設定まで、怖い雰囲気をこれでもかと充満させています。
ホラー映画では基本中の基本、常套手段ですが、ちゃんとした小説でこれをやられるのが、こんなに効果的だなんて思いませんでした。

ちゃんとした小説で、と書きましたが、世にあるホラー小説って、『ちゃんとしてない小説』がほとんどだと思ってたんですね。
ホラー小説というより、怖い話、という方が収まりの良い感じの。
これが悪いという訳ではなく、ホラーに限っては、その方が怖い=面白いということも多々あります。

でもこの「リング」は、ちゃんとした小説なんです。
お話はミステリの作法で、筋道立てて謎を追っていく。
なのに雰囲気最重視のホラー。
このぎりぎりの線を保ってるのが、お互いを引き立てあって、単独ではあり得ないほどの怖さを生み出してるんです。

こんな小説があるんだ。
これを読んだ時、そう思いました。
もっと言いますと、ホラーというジャンルの小説に初めて出会った気がしました。
(それまで私の中では、ホラーというジャンルは小説にはなく、ファンタジーやスリラーなどと勝手に呼んでました)

あまりにも有名な映画ですので、皆さんお話はよくご存知でしょうから、「ぜひ読んでみてください!」という勧め方はしませんが、どんな話だったか忘れた・もしくは私と同じく驚かすための映像や音声が苦手で映画を見てない、という方は気が向かれたら読んでみてくださいね。


本能的で感覚的な怖さを、これでもかと的確に文章にした¨ホラー小説¨、

「リング」。

本を読む人で、本当によかった!
PR
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード
COMMENTS
冒頭
2008.10.25 (Sat) 20:44:03 EDIT
私もブームのときに読みました…。

最初の女子高生(だったはず)の場面でゾッとした記憶があります…。


前にもどこかに書きましたが、映画のハリウッド版には本物映ってます。


無題
あやり 2008.10.25 (Sat) 22:17:55 EDIT
リングの怖さ…なんともたまりませんね。それと阿刀田 高さんのジワーッとくる不気味さも大好きです。


怖がりの見たがり。
E.K 2008.10.26 (Sun) 00:29:09 EDIT
リング怖いですよねぇ(´;ω;`)邦画ホラーの何が無理かって‘動き’が怖すぎるとこだと思います。。
なんか洋画ホラーにはない、あのカタカタした動きがまじで無理です(´Д`)ゾーッッ
でも見たがりなので一人じゃ怖いから友達とかみんな巻き込んでいっしょに見ますwww呪怨も8人ぐらいで見た覚えが…(笑)


小説を読んでゾクッとしたといえば羅生門ですねー(´ω`)初めて読んだ時は衝撃的でした。。


3冊とも読みました
くらげ 2008.10.26 (Sun) 08:48:24 EDIT
小説、衝撃的でした~!
想像力を膨らませる怖さだったような(>_<)ちょっと悲しいしお話だったり。
読み直したくて本棚にはあるのですが…これをきっかけに、手を出してみようかな☆

映画は、びびらす怖さだったので、ちょっとがっかりした記憶があります^^;

お泊りパーティーで、友人が「みんなといるときに読む!」とお布団の中で読んでいたのを思い出しました。

私が怖くて一気読みしたのは、乱歩の「孤島の鬼」です。


記憶の彼方に
笑逢船 2008.11.02 (Sun) 20:17:14 EDIT
読書の秋と言いますが、学生時代は季節に関係なく図書館と音楽鑑賞室は欠かせないものでした。
どれだけ読みあさったか知れない数多くの本の影響は多少なりあるはずなのに
ほとんど思い出されません。
老人と海→という題名だけがちらつき内容は彼方に…読み直さなきゃ。
私はホラーよりSFが好きです。星新一さんかな。本読むと何かしら引き込まれて読み終えた後の爽快感が心地良かったのですが、
近頃は最後までたどり着くまでに眠気が勝ち 何度も読み返してはなかなか結末にゆけず、途中から読めば良いのに…真剣味が足らないのか(真剣身?)
たとえ読み終えても何故か物足りなさを感じてしまうのは…
引き込まれる要素のない本ではなく 読み手側の姿勢にも寄る事を実感しながらも、読みたい本に出逢うと つい手にしては購入してしまい何冊も
早く読んで~と寂しそうに置かれ、そのうち こんな本買ったかな~と いつ読まれるかわからない可哀相な本
私の中のミステリー本化してゆくのです。
いつか読むと思う事は、いつか本棚の住人になる 或いは さも多くの本読んでます~の飾りみたいに
本はいろんな事教えてくれるのに同じ読書の秋でも、いつしか本の表紙や絵本など、絵画の秋みたいな
秋の陽気にポカポカと枕になる本にはしたくないと思ってますが…ほのぼのした縁側の風景の一部になりかねないほどの本
捨てれない愛着
いつか読むで終りたくない。
あ~時間ある人で良かった。最後まで解らぬコメントで スミマセンデス。。。


mudai。。
あそboy 2008.11.08 (Sat) 04:44:26 EDIT
世の中には いろんな不思議があります。
認めるか認めないかは人それぞれですが、
信じるか信じないかと同じように
自分が似たような経験をしたり、夢で見てたりすると
納得や共感…近い親近感になりますが、
全く経験なく体験せず夢にも見なければ、
それは妄想あるいは幻覚といったような謎めきながらも、
疑うーあるいは、変人化させられる。

例えばUFO見る人ー霊的体験する人ー
直接聞くと信じる人がどれくらいいるのか。その人には空想でも妄想でもなく実体験に違いない。
不思議なこと変わった事に興味あっても、身近だと受け入れられね未経験者もいる。

ホラーとスリラーは違うけど、恐いもの見たさに近寄る映画やTV番組が
実体験でなく他現象を見てるから・・・

本読む字並びに 引き込まれてゆく感受性は、作者が言葉を通して 読み手に如何に想像欲をかき起たせるか
興味あって手にする本かもしれないけど、最後まで読んで語れるのは…
何を伝えたいのか?
むやみに妄想や幻覚で片付けれない不思議体験する人もいる現実

まだ迷える本から抜け出せなく考える事多く、されど人が考えたり悩まなければ
なんてドキドキ感の無い生き方でしょう。

11月 ハロウィンまた来年
11月 30日あるイツカナ?
11月8日は 最高に様々な想いがスリラー化したけど…忘れられない大切な人の誕生日なのです。HAPPY BIRTHDAY!恐怖感も過ぎてしまえば良き経験させて頂いたと たどり着けるのは 感謝 です。。。。


縁さん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:10:35 EDIT
女子高生のシーンは、怖い話のお手本みたいな書き方でしたね。ぞっとしました。
リングハリウッド版は見たことないのですが…何か写ってるなら余計みれないですね。。
映像物は、視覚と音で、もう本能的に怖いです(T_T)


あやりさん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:11:37 EDIT
阿刀田高さんは、子供の頃好きで図書館に大量にあった著書を片っ端から全部読みました・笑
ホラーに近い短編多いですよね!
星新一さんと並んで日本語での短編の書き方手本のような印象です。


E.Kさん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:12:41 EDIT
カタカタ動き(TдT)
思い浮かべるだけで嫌です。
羅生門は怖いというか確かにぞくっとしますね。あの空気感がたまりません。


くらげさん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:13:29 EDIT
孤島の鬼いいですねー
乱歩大好きです。スペースが許せば全部集めたい!
私も三部作読みましたが、今手元にあるのはリングだけです。でもお話として全部面白かったですねー。


笑逢船さん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:14:32 EDIT
私も本棚にまだ読んでない本が何冊かあります(^^;
なかなか文章を読み進めない時ってありますよ。私は、固有名詞が多数含まれる文章はゆっくりとしか読めません。

正直、世の中に出回っている本の全てが私に面白い本かというと、当然ですがそうではないので、読後やり場のない怒りがこみあげる時もあります・笑


あそboyさん
哉恵 2008.11.10 (Mon) 15:16:46 EDIT
私は心霊現象やUFOなどについては現実主義寄りな私的考えを持っていますが、私自身は心霊現象らしきことやUFOらしきものとはしばしば遭遇します。
そんな楽しい小さなミステリーが起こるから、人生は素敵。
ちなみに私の趣味は考察です・笑

その大切な方へ、私からもHappy Birthday!


Trackback

この記事にトラックバックする

カウンター


次のキリ番は★410000★
キリ番記念→「ブログお題リクエスト」
40万hitありがとうございますm(__)m
ちなみに40万踏んだのは
スタッフのあやみちゃんでした・笑
あやみちゃんありがとう!!
文字が読みにくい方は・・・
[Ctrl]キーと[+]キーを同時に押すと画面全体が拡大されます。
(縮小は[Ctrl]と[-]です)

[+]キー : 「れ」と書いてあるキー
[-]キー : 「ほ」と書いてあるキー
OPP radio Pick Up!
OPPのwebラジオ「OPP radio」 の
バックナンバーからPick up!


MusicPlaylist


OPP radio[ランダム再生]
005/011/014/016/021/034
カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

説明

Osaka Performance Party
HP:OPPの座敷

大阪を中心に活動しているエンターテイメントユニット、
Osaka Performance Party
(OPP)のブログです。
各メンバーが曜日担当で書いています。

最新コメント

[10/27 for impotence cures]
[10/27 auto insurance quote]
[10/27 instant auto insurance quotes]
[10/27 car insurance group database]
[10/26 free auto insurance estimates]
[10/25 cheap auto insurance in nj]
[10/25 card insurance auto]
[10/23 virginia cheap auto insurance]
[10/23 auto insurance quotes free]
[10/22 auto insurance senior citizen]
[10/22 insurance online buy auto]
[10/21 free online car insurance quote]
[10/21 auto insurance quotes]
[10/21 auto insurance quotes]
[10/21 fleet insurance car]

ブログ内検索

BBS

QRコード




携帯でこのブログが見られます



GoogleSitemaps

OPP HOME | 忍者ブログ | [PR]
 |  KARMA7TABLE ENOCH